tracのbrowse sourceでphpファイルの内容を表示させる

tracで自分のコードを確認していて気づいたが、phpファイルがブラウズ出来ない。ダウンロードしますかとか言われる。普段phpなんて書かないから、今まで気づかなかった。

コードが表示されるはずの場所には以下の一文が。

got a Dynamic php code.

そうだよphpだよいいから表示しろよ。と憤っても仕方ないので、対応してみた。

TracFaq - The Trac Project - Trac
本家のFAQページにきちんと書いてあった。
まず、スタンドアローンのphpを入れるらしい。

$ sudo aptitude install php5-cli

最初どれを入れればよいのか分からなかったが、これらしい。
それからtrac.iniにphpのパスを書く。書かなくても動いた気がしたけど、一応書いておく。

[mimeviewer]
enscript_path = enscript
php_path = /usr/bin/php

おお、無事にphpファイルの中身が表示された上に、色までつきやがった。いわゆるシンタックスハイライトってやつだ。
どうやら隣のenscriptというやつも設定してやれば、同様に他の種類のファイルもシンタックスハイライターしてくれるっぽいので、ついでにインストールしてやる。

$ sudo aptitude install enscript

これも一応パスを書く。

[mimeviewer]
enscript_path = /usr/bin/enscript
php_path = /usr/bin/php

色のカスタマイズ等は、code.cssを自分で弄るみたい。細かいことはtracの初期ページにきちんと書いてあった。tracはドキュメントがしっかりしてるなあ。おしまい。