Action Streams!

  • Posted on
  • by

SixApartから登場した新しいプラグイン、Action Streams がステキすぎます。

自分もいくつか似た様なものを作っていましたが、こっちのほうがよさそうですね。

さて、早速導入してみたのですが、導入に関して何箇所かつまずいたところがあったので、注意点をまとめておきます。

文字コードは UTF-8 で!

現在のバージョンでは文字コードの変換を行ってくれないようです。このブログは euc-jp で公開していたのですが、見事に取得したActionが文字化けしてくれました。
多分何も文字コードを操作していないと思うのですが、twitterやvoxに日本語をポストしている場合はutf-8で返ってくるようですので、MT側もutf-8なら問題ないようです。
文字コードが異なる状態でActionStreamsが動作してしまった場合、文字化けした状態のActionやタグが登録されてしまい、後の作業での障害になる場合があります。特に文字化けしたタグは削除することが容易ではないので、必ず事前に、導入する MT の文字コードがutf-8であることを確認しましょう。


自分の場合は、かねてからutf-8にしたいと考えていたので、無理やり文字コードを変更しました。こちらの記事が参考になりました。

追記: あー、どうもあちこちおかしいと思ったら、Storableされてるメタデータやプラグインデータがぶっ壊れたかも。ふむう。DBのダンプをnkfではダメみたい。なにか違うやり方を考えないと。

テンプレートセットを適用するときはユーザーの言語設定を英語に!

ActionStreamsプラグインは、専用のテンプレートセットを提供してくれます。が。こちらもローカライズが一部問題あるようです。
以下の手順で、テンプレートが中途半端に日本語化されないようにしましょう。

  1. プロフィール画面を開く。管理画面右上の「こんにちは(ログイン名)さん」から開けます。
  2. 使用言語を英語にして保存
  3. テンプレートセット「ActionStream」を使って新規ブログを作成

テンプレートセットの適用後は、言語設定を日本語に戻してしまっても問題ありません。

Actionが少ないと寂しい!

えー。
・・・・・・頑張ってついったりヴぉくすったりします。


ではでは。