Movable Type Developer Conference に参加できませんでした。

とんだ出落ちですみません。会社の休みもらえたのが、締め切りの次の日だったんです。フライングで申し込んでおけば良かったと今になって思うも後悔先に立たず。

でまあ、結局一日家でUstreamに張り付いてずっと見ていたので、割と満足。ちょっとした感想くらいなら述べることも出来るというものです。


興味深かったのはやはり Beau Smith さんのパブリッシングに関する話。
アーカイブやインデックステンプレートごとに更新頻度とページビューを予想してパブリッシュの方法を決めろ、ただしサイトごとに傾向は違ってくるので頑張れ、という話だったと思います。

ただ、現実的に、そう簡単に最適解が出せるかというと難しいと思います。その一番の理由は、定量的に再構築の回数を観測出来ないからです。

これってでも、実現できそうですよね。
再構築の回数を記録してFileinfoテーブルにでも突っ込んでおくと、パフォーマンスの測定に役立つのでは無いか。
もっと突き進めれば、ページビューのデータも取得するようにして、View / Build Ratio みたいな値を定期的に算出し、ファイルごとに最適なパブリッシング方法をMTが自動的に設定してくれる、なんてことも出来るかも。という妄想をいたしました。


あとはLightingTalkが大変楽しそうでしたね。Ustreamの画面だと実動作のデモは視聴がちょっと辛くはありましたが、それでも、すごくいい雰囲気が伝わってきました。
変態テンプレート好きの自分としては、mt:EntryPreviousのネスト技の話が一番ツボにハマりました。今なら、mt:setVarTemplateを再帰させてゴニョゴニョしても面白いかも。という妄想をいたしました。


なにはともあれ、みなさんお疲れさまでした。参加できなくて残念でしたが、すごく楽しい時間をありがとうございました。おしまい。