Re: Movable Typeのプラグインファイル構成について

  • Posted on
  • by

少し説明を追加、アップデートしました。

小粋空間さんで、プラグインのファイル構成について解説されている記事が公開されています。

その中で、自分の過去の発表で YAML ファイルでの perl コードの実行について話した内容に触れられていたのですが、それを読んで、自分の発言が誤解されるような言い方になっていたようなので、整理してみます。

要点を順に書くと、こんな感じになります。

  1. Movable Type の registry では、サブルーチンが期待されているなら、文字列を自動的に perl コードとして展開する場合がある
  2. plugin の定義ファイルである config.yaml ファイルではこの機能を最大限利用することで直接 perl コードを埋め込める(ようになっている設定値が多数用意されている)
  3. ただし、テーマの定義ファイルである theme.yaml ファイルを扱う際には、セキュリティ向上を目的に、基本的にこの機能を使わないよう開発している

ですから、plugin のスタートポイントがfoo.plである場合と、config.yamlである場合に、セキュリティ的な安全性の差は(現在の所)ありません。小粋空間さんのところで触れられた安全性の話は、plugin と theme の違いの話だとご理解ください。

2) について補足しておくと、registry 内でサブルーチンが期待される場合(例えばテンプレートタグの登録での、実行ルーチンの指定部分)、「sub {」で始まる文字列を直接指定する事で、perl として実行させる事が出来ます。
以下は、実際にプラグインとして動作するconfig.yamlファイルの例です。

tags:
    function:
        Foo1: sub { return "Hello foo1" }